ごあいさつ

理事長挨拶

理事長 西内 哲敎

開設当時の理念を基に地域の皆様に愛される病院・施設を目指す

開設者である初代理事長 西内弘之先生が《科学的かつ適正な医療・介護を提供する》ことを理念に昭和32年に医療法人錦会の母体となる「小倉中井病院」を開院いたしました。

その後、医療法人錦会は平成15年に開院した「上曽根病院」を加え現在に至っております。

一方、昭和43年に開院した医療法人碧水会「門司田野浦病院」は平成2年に併設施設として介護老人保健施設「光寿荘」を開設いたしました。

昭和47年には特別養護老人ホーム「陽光園」を開設し、多様化するご要望にお応えしてまいりました。

今後も開設当時の理念を基に地域の皆様に愛される病院、施設を目指し努力する所存でございますので医療、介護でお困りのことがございましたら何なりと各病院、施設にご相談いただきますようお願い申し上げます。

理事長 西内 哲敎

病院長挨拶

病院長 安部 哲哉

地域に密着した思いやりのある医療を目指します

小倉中井病院は、昭和32年に小倉北区中井に開業し、一貫して地域医療に貢献してきました。当院は、療養病棟が主体となる病院で、高齢者の医療を中心に行っております。

日本は、さらなる高齢化社会を迎えようとしています。

私たちは、″思いやりのある医療″を目標に、医師、看護師など医療スタッフが一丸となって、これまで以上に、地域の皆様に信頼され、必要とされる病院を目指して頑張っていくつもりです。

病院長 安部 哲哉